当社が目指すもの

当社では、ハラール製品を含むすべての製品を安心して安全に運搬できる物流サービス事業の開発を行っています。
現行の運輸・物流サービスを軸に、トレーサビリティと鮮度を担保する生鮮品・食糧品物流サービスの構築が可能になるシステムです。

■ トレースとデータで世界の人々に安心を!

宗教(イスラム・ヒンドゥー・ユダヤ等を含むすべての宗教)的理由・アレルギー対応・オーガニックを必要とする方々に商品を届ける際に必ず問題となるのがコンタミネーションの問題です。
その問題を解決するために、当社ではまずコンタミネーション防止を目的としたBOXを開発いたしました。
また、コンタミネーションを防止するだけでなく、その中身を「どこで」「誰が」「何を使って」生産し、どのように運搬されたのかを明確にするためのトレーサビリティシステムを構築しています。

「安心と安全、そして信頼を創り出すことで、メーカー(生産者)とユーザーに笑顔になってもらう!」をコンセプトに開発を進めております。

トレーサビリティ物流サービスとは

この3つの管理を行うことで、従来困難だったサービスが可能となります。

新しい発想のトレーサビリティーシステム

トレーサビリティBOXの大きな特徴は・・・
BOXに入れた物の追跡をセキュリティーとロジスティックの両面で可能にする仕組みです。
メーカー(生産者)が、出荷時に密封し登録(データ・画像)を行い発送する事で、商品輸送におけるトレーサビリティ管理が可能になります。
この、トレーサビリティ物流により、現在の物流ではサポートできない領域のサービスが、品質等の管理が可能になります。

トレーサビリティBOXで可能になるビジネス

■ イスラム圏での活用

現在、イスラムの世界ではハラール物流が行われています。
ハラール物流は、宗教上の忌諱である豚や酒などのコンタミネーションやその可能性を排除するために、専用の車両・倉庫を使用し運用します。

トレーサビリティBOXで変わるポイント

⑴宅配便のハラールが可能になります。
業務用だからこそ可能だったトラックや倉庫丸ごとのハラールでなく、1箱単位でハラールの維持が可能になります!

⑵イスラム圏外でのハラール輸送が可能になります
日本やアメリカでのハラール輸送が、小ロットで可能に!
箱単位だから中継や相乗りでも、ハラール性が保てます。航空便で海外のイスラム圏への輸出も、ハラールで可能になります。

■ 多分野での活用

勿論、ハラール物流以外での活用も可能です。
生産された商品のトレーサビリティを確保し、コンタミネーションを防いだ運搬が必要な場所すべてで活用いただけます。